良い点がある

女性

検討が必要

タブレット型など、最近では多くの種類が販売されているレジですので、導入が今まで難しかったという店舗でも使いやすくなっています。
特にずっとガチャレジを使っていて、POSを連動させていない店舗の場合、コスト削減のためにも今はposを導入すべき時代だといえます。

人気商品を知る

例えば、経営者なら売上をもっと上げるためにも人気商品の宣伝や改善点洗い出しなどに力を入れたいものです。このとき、POSを導入しておらず、ガチャレジだけであればその人気商品を洗い出すのに時間がかかってしまいます。
ガチャレジでは商品を分けて判別していないので、「何が売れたか」が見えにくいのです。

スタッフの作業効率を良くする

レジをPOSと連動させることで、他にはスタッフの作業量が減るという良さがあります。飲食店では基本的にホールでの給餌や厨房での作業をするスタッフが中心ですので、売上を把握するためにはそういった作業とは違うところで人員を割かなければなりません。
そうなると余計なコストが生じるため、やはりPOSを導入した方が良いといえるのです。

対お客様にも良さがある

スタッフの負担を減らすことができるということは、要するにお客様へのサービスも良くなるということです。
タブレットで持ち運びしてオーダーを取れば間違いも少ないですし、計算も早いです。しかもPOSに連動しているため、お客様の好むメニューを常に提供することができます。

税金の計算が簡単

タブレット型のレジは基本的にPOS連動型となっていますが、本体は別にあり売上や在庫の状況を常にリアルタイムでチェックすることが可能です。
そのため、年末の税金の計算が簡単になりますし、監視にもなるので不正対策にもなります。

多機能を目指すならガチャレジ

タブレット型だと簡素なPOS連動システムを利用するのに便利ですが、やはり多機能のものを使いたいならガチャレジが良いという人もいます。
職種やお店の規模によってどれが良いかは変わりますので、一度体験版を使ってみると良いです。

広告募集中