成長次第で使い方も変わる

タブレットを持つ人

成長の度合が分からない

走り始めの飲食店や小売店であれば、今後どのような顧客がつくのか、どれほどの成長をするのか、規模が大きくなるのか、最初の時点では不確かなことも多いです。
そういった場合にはレジもどんなものを導入しようか迷ってしまうでしょう。
そんな経営者のためにおすすめなのがタブレット型のレジなのです。

タブレット型なら可変

タブレット型は最初からいろんな機能がついているわけではなく、最低限のソフトウェアが導入されているだけです。そのためPOSシステムも安く導入できるということで、今注目を集めています。
後からソフトウェアは導入することができるので、事業の拡大とともに使い方も変えることができます。

支払い方法の多様化

小売店や飲食店にいろんな人が来るようになってきたなら、クレジットカードの対応ができるようにしておいた方が良いでしょう。そのためには読取機を導入しますが、タブレット型の読み取りであるため軽く、イベントへ屋台を出すときも重宝します。
プリペイドカードも最近はよく使われるようになってきましたが、ICカードリーダーを導入することで受け入れ可能になります。

規模の拡大に合わせてレポート

売り場の規模が拡大したり、従業員数が増えてきたりした場合、POSシステムを使って簡単にレポートが作成できると便利です。
イベントを行なった後など、様々な取り組みから売上を予測することで、今後の成長に見合った事業計画が立てられます。

成功した経営者に学ぶシステムの選定法

自分のお店に合ったシステム

私が経営しているお店はとても規模も小さいので、POSシステムの導入はかなりリスクといえました。使い勝手の良いシステムだけを厳選して導入しようということで、タブレット型を導入したんです。コストも低くできて、お店に合った使い方ができています。

保守や監視を重視しました

やっぱり自分のお店の中だけで管理を任せちゃうと、どうしてもなぁなぁになってしまうと思うんです。だから、僕は保守管理をしっかりサポートしてくれる業者にPOS導入を頼みました。保守のために人員を割くこともなく、助かっています。

パートさんも使いやすい

タブレット型を最初はお洒落だからと導入したんですが、パートさんに「操作が簡単!」と評判が良かったのは意外でした。確かに、パートだと他のスタッフよりも覚えるのに使える時間が短いですので、操作性の高いレジだとすぐ使えて便利ですよね。

広告募集中