標準装備もチェックしよう

サービスを利用するとき、大切なのがそのものの機能以外にも付属する部品やどんなオプションがついてくるかです。安いからといってレジを契約してしまわず、タブレット専用スタンドもついてくるのかチェックして契約するようにしましょう。

レジの活躍

タブレット

装備の内容

タブレット型が便利だからレジを初めて導入してみようと考えるとき、装備が充実しているかチェックしましょう。このとき、小売店と美容室では必要な装備が変わってくる恐れがあるので、気をつけなければいけません。
まず、共通して全てのお店に必要なのが、レシートのプリンタと売上金や釣り銭を入れておくキャッシュドフロアという箱です。

勤怠システムと連動させる

タブレット型は後から機能を付けることができるレジシステムなので、勤怠システムと連動させても良いでしょう。
POSレジと勤怠を連動させることで値上がりする深夜の賃金計算も簡単になるからです。パートやフルタイムのアルバイトを導入しているお店なら検討すべきです。

免税の対応をする

多機能レジとは違ってタブレット型なら格段に安い値段でレジが導入できるので、たくさんレジコーナーを作って免税専用のレジを確保することもできるでしょう。
近年では外国人旅行者も増えてきているので、免税に対応できるレジを作るのは、売上アップのためにも欠かせない取り組みです。

広告募集中